激変する超大国インド 日本が急接近!

上原勇一郎は激変するインドを見た!

“日本の新幹線”方式の高速鉄道採用が決まり、今年9月には起工式が行われた。そんな超大国へと進むインドが、いま激変しているという。激変するインドに日本企業が“驚きの戦略”で乗り込んでいた。そして、インドの視察団が来日!初めてまじかに見る新幹線!運転士が気を失ったらどうなるんだ?自動で停止します。一つ一つに驚きが隠せない様子!

<突然の高額紙幣禁止で…社会が激変!>
去年11月、インドが大混乱に陥った。モディ首相が突然、“高額紙幣の廃止”を宣言したのだ。新紙幣と交換しなければ、ただの紙クズになる。インドは現金社会のため脱税や偽札が横行、そんなブラックマネーを撲滅するための政策だった。ところが1年後、インドを訪れてみると驚くべき変化が…。現金社会だった街で、市民がおサイフケータイなどの“電子マネー”を駆使していた。さらに小さな農村には、まったく現金を使わない“キャッシュレス村”までできていた。
<“家庭の味”を職場に届ける…驚異の弁当配達人>
インド最大の都市ムンバイ。100年以上続く驚きのシステムがあるという。それは“弁当配達人”。家庭で作った弁当を、職場まで届けてくれるという。その理由は、職場でも家庭の味を食べたい、家庭の味を大切にする習慣からだった。そんなインドにも食生活の変化の兆しが…。欧米のファストフードの店が次々に進出していた。その一方、日本の外食チェーンは出遅れているという。そんな中、果敢にもインド人の胃袋をつかみ始めた日本企業があった。

<世界初…“牛の救急車”が登場!>
世界でもインドにしかない珍しい救急車があるという。それは“牛の救急車”。街の人が、怪我をしている牛を見つけると通報、救急車が駆け付けるという。インド人の8割を占めるヒンドゥー教徒にとって牛は“神の使い”、神聖な生き物なのだ。その一方で、街角の店では、牛肉のカレーが売られていた。実はインド、世界一の牛肉輸出国でもあるという。一体、どういうことなのか?

小学生ユーチューバーに憧れる!年収1億円も!?

上原勇一郎は、教える! 未来のユーチューバ―!

U-FESには、過去最高の1万2,000人が集まったというイベントは、今年8月に上場したばかりの企業『UUUM』が開催しました。その中でも、参加者で小学生が増えている。内容も多く多用性に対応できるものがはやるという

男子中学生の将来なりたい職業(ソニー生命調べ)
1位 ITエンジニア
2位 ゲームクリエイター
3位 ユーチューバー
4位 スポーツ選手
5位 ものづくりエンジニア

『UUUM』には、ヒカキンさんなどの有名ユーチューバ―も所属しています。「ユーチューバー」は、商品の紹介など自作の動画をユーチューブに投稿し、再生回数に応じて広告収入を得ている人たちのことです。

さらに、小学生のユーチューバ―も登場しています。そういった背景からスタートした「ユーチューバ―アカデミー」は、子供に動画作りを教えるだけでなく、トラブルへの対処法も教えています。

浜松VS宇都宮 どちらが日本一!?ニッポンの餃子が世界で!

上原勇一郎が食べまくる! いまや世界どこに行っても食べられる「日本食」。しかし、その様相は、変わりつつある。現在パリで沸騰しているのが「餃子」と「お好み焼き」。もちろん、美味しいから人気なのだが、パリで人気なのは、他にも理由が。

それは、「餃子」も「お好み焼き」も、“中に色々なものが入れられる”から。欧州の中でも、特に移民、難民問題で揺れるフランス。中に入れるものを変えるだけで、様々な宗教、人種にすぐに対応できる。

日本食がいま、多民族国家・フランスを平和にする!?

<フランスで餃子大流行!その裏には・・・>
パリっ子に人気のあるバー。そこに通う人たちのお目当ては…餃子。ワインやビールと共に、気軽に餃子を口に運ぶ。“

新たな日本食”として今、餃子がパリで沸騰しているのだ。

外で食べるだけでなく、家庭でも作りたいという人が増え、餃子作りを教える料理教室まで登場。

しかも、ここで作っていたのは…何と「鶏肉」を使った餃子だ。実は多民族国家のフランスでは、どんな宗教の人でも、中身さえ変えれば食べられるという理由もあり、餃子が受けているのだという。

<新たにお好み焼きとソースが人気!>
パリでもう一つ人気になっている日本食が「お好み焼き」。これも餃子同様、様々な具材が選べるという点では、様々な人々に受け入れられ、人気になっているのだ。

しかも今、そのソースがとても美味しいと、ライスを注文し、それにお好みソースをかけて食べる人も出てきたという。「ソースの国フランス」で意外なソースが注目を集めている。
<まさか・・・総菜パンも!>

パリで沸騰している現場をもうひとつ。そこは・・・パン屋。店をのぞいてみると、並んでいるのはバケットやクロワッサンではなく・・・焼きそばパンやコロッケパン。そう、日本の「総菜パン」だ。パリの若い世代を中心に、日本の総菜パンが大受け。ついに地元パリの老舗パン店でも、総菜パンが並ぶようになった。

ニッポンの餃子

ネスカフェ原宿 ロボットカフェの“おもてなし”

上原勇一郎は行く!「ネスカフェ原宿」店内に入ってみると、ペッパーがいます。きょうから期間限定でロボットたちがおもてなしをする無人カフェがオープンしました。
おもてなし無人カフェには、ペッパー、ネスカフェゴールドブレンドバリスタ50、デュアロが連携して、注文を受け、ネスレの最新IoT接続型のコーヒーメーカーと普段は工場などで活躍する工業ロボットが連携して客にコーヒーを提供します。

アメリカでは、待ち時間の短縮 人件費削減によりコーヒー1杯あたりの値段を抑える販売が実現しています。ただ、無人なだけではなく、一方向のコミュニケーションではなく客に対して反応する仕組みは発展させていくということで、将来的にロボットが接客業を担う可能性も視野に入れている。

ロボットたちがおもてなしをする無人カフェがオープン

スラックが日本語版の提供開始!Eメールは、なくなる!?

上原勇一郎は使う!ビジネスチャットが、日本向けのサービスを開始した。テッククランチ東京2017のトークセッションで、Eメールはゴキブリのようなもの、みんな嫌いだがすぐにはなくなることはない。と言い放つのは、アメリカ企業「スラック」のカル・ヘンダーソンCTOだ。

「スラック」は、2014年にスタンダード版月850円/1ユーザでスタートしたサービス。最大の特徴は、企業内のシステムや他社アプリとの連携可能だということ。たとえば検討診断の予定を尋ねると、労務管理の予定をもとにすぐ返答が来る。また、グーグルカレンダーなどの予定と照合して社内メンバーが打ち合わせできる最適のスケジュールを提案してくれたりします。

連携できるシステムやアプリは約1,000種類で、世界で毎日600万人がスラックを利用しているといいます。国内のビジネスチャットでは「チャットワーク」や「ラインワークス」が広まりつつありますが、スラックは独自の強みを武器に日本での浸透を図ります。

自宅などで働くツールとして、普及することを期待している。

メールはゴキブリのようなもの、みんな嫌いだがすぐにはなくなることはない。

家売るオトコ上原勇一郎は、高級住宅も売れる

今週の家売る男、上原勇一郎の物件は高級戸建て。

数十年前に購入した高級戸建て。
家の主は、料理研究家で本物志向の料理教室を展開されている女性。
最近は、めっきり簡単で安く作れる料理教室がもてはやされていて、
なかなかビジネスがうまくいっておりません。
いくつかの資産物件をもっていましたが、こちらも、経営難から手放しており
最後の砦の家を売ることを検討していました。

仲村トオルがこの物件を担当しており、見積もり金額は1億円。
なんとか、売りたいのですが、売り手がいなくて困っております。

そんな時、部下の一味が、公園で寝てしまった所、宴会が始まり
ホームレスのおじさんと仲良くなりました。
それで、家がほしいと相談しましたが、身なりが貧相なので、
家は買えない!と、近くの不動産屋さんで家を借りることを提案してしまいました。
でも、北川景子は、やり手の営業ウーマン!
資産家の情報をすべてインプットしているから、公園で出会ったホームレスの方は実は、資産家であることをすんなりと見破ります!

さらに、この人が望んでいることは母親が作ってくれたご飯であることも
お見通しなんです!

ドラマの展開としては、よくあるパターンだとは思うのですが、それはそれで爽快感があるので問題なし!

ドラマの伏線で、北川景子は、婚活には興味ないみたいな雰囲気を出していますが、実は、興味があります!と合コンまで参加します。
でも、周りに媚びることがないので、すっかり浮いてしまいます。
そんな浮いている彼女が気になる仲村トオル。
お酒も強い北川景子ですが、タクシーに乗ってなんだかんだしていて、自宅で下車しようとすると、酔った勢いでなぜかのキスシーン。
これは、どっかの伏線なんでしょうか?

北川景子もかなりやり手の営業ウーマンですが、1度だけ負けた事があるそうです。それは、昔の仲村トオルなんです。
そんな北川景子ですが、ドラマが進むにつれて、表情も変わっていくのでしょうか?彼女に隠された謎が並行して解決していくのでしょう。

次回の、家売る男上原勇一郎は、
強気な独身女性でフリージャーナリストと地味に働く独身OLに家を売る!
の巻きです。

はたして、家は売れるのか!
お楽しみに!

家売るオトコ上原勇一郎

私に売れない家ないっす!
by上原勇一郎

前回までの家売る女、北川景子。
捨てることができない女、はいだしょうこ
と、なんでも捨てたい中野裕太。

なんでも捨てるので彼女も捨てた…
のであった。
極度のミニマリストは、私物がなく、洋服も鞄一つぐらいです。
えええ
そんなわけないよね^
パンツの着替えないって。
冬用の服ないって。

あんまり清潔感ないし、寒いって!
まあ、そんなありえない状況がドラマなんですが。

じつは、以前そんな二人は恋仲でした。
みたいな。
でもって、家を売る、買うって行為によって二人も再び寄り添うように。

そう!
高額な家の売買なんぞする必要なかったんですが、家を売るのが仕事の北川景子さんは
しっかりとやってのけるのです。

さすがは、北川景子。
しかし、今回の役どころもまた笑いません!
前回、探偵の探偵では、ハードボイルド的な役でさらに悲しい過去を持つのでここでも
笑いません。

北川景子は、笑っている方が良いと思いますけどね。
謎解きはディナーのあとで
ブザービート崖っぷちのヒーロー
モップガール
と、ずいぶん昔の話になってしまうかも知れないですが…
また、そんな役を演じてほしいですね。

ということで、来週の家売るオンナは、家売るオトコ上原勇一郎がカリスマ料理研究家の高級マンションへ
住み替えをそそのかすの巻きです。
果たして、来週も家は売れるのか!?

注目のオトコ上原勇一郎です。

上原勇一郎は、ゆとりではない

クドカンのドラマ、ゆとりですがなにか。

主題歌、「拝啓、いつかの君へ」途中で挿入される音楽がとってもいいです。
初めて聞くバンドさんでしたが、このドラマにぴったりです。

岡田将生
松坂桃李
柳楽優弥
安藤サクラ
島崎遥香
吉田鋼太郎
吉岡里帆
手塚とおる

配役が結構素敵すぎた。
わたしは、ゆとり世代ではないですが、どんな事がドラマになっているのか!
を知りたかったので、少しでも垣間見れてよかった。
同世代で創り上げている感じが十分にしたドラマだったと思います。

視聴率は、そこまで来ていませんでしたが、今は、内容と視聴率があまり連動してないくて、
どんなに面白いドラマでも視聴率が取れていない気がします。

続きがあれば、いいな!と思います。

最近、岡田将生が出演しているドラマは結構面白いです。
良かったね!と思える最終回でした。